Particle-PLUS ソフトウェア詳細 - プラズマモジュール

Wave FrontCAEソリューションParticle-PULSソフトウェア詳細> シミュレーションの流れ

Particle-PLUSのシミュレーション手順は次のようになっています。

2D

2D形状データ作成

Particle-PLUSパッケージに付属のプリプロセッサ『WF-Geom2D』を用いて形状データを作成します。





2Dメッシュデータ作成

Particle-PLUSパッケージに付属のプリプロセッサ『WF-Geom2D』を用いてメッシュデータを作成します。

3D

3D形状データ作成

お客様がお持ちのCADソフトを用いるなどして形状データを用意します。





3Dメッシュデータ作成

Particle-PLUSパッケージに付属のプリプロセッサ『WF-Geom』を用いてメッシュデータを作成します。

2D/3D

計算条件の設定

Particle-PLUS GUIでプリプロセッサで作成したメッシュデータを読み込み、そのままGUI上で計算条件を設定します。





計算の実行

Particle-PLUSでの計算を実行します。

2D/3D

結果の可視化

Particle-PLUSパッケージに付属のポストプロセッサ『WF-View』などを用いて計算結果を可視化します。