ブログ

保守・点検業務におけるスマートグラスの活用

スマートグラスは、私たちの生活の中で数年前から存在しているウェアラブル技術の最も革新的な形態です。
スマートグラスには、Bluetooth、Wi-Fi、GPSに対応したソフトウェアが組み込まれており、情報を表示するスクリーンを備えているため、スマートフォンの機能をほぼすべて備えています。


まず、エンタテインメント業界のコンピュータゲームから始まったスマートグラスが、産業分野でも私たちの視覚をサポートしてくれるようになりました。必要なときにいつでも職場のどこかをチェックできたらいいと思いませんか?また、監査法人がリモートで監査をえる場合を想像してみてください。全体的なコストはどのように下がるでしょうか?保守や検査に関しても、まったく同じ理屈が成り立ちます。


ここでは、産業界におけるスマートグラスの動向について見ていきましょう。


スマートグラスに統合されたAR技術を搭載したリモートコラボレーションを提供するVSight Remoteのようなリモートアシスタンスプラットフォームは、近年、企業の保守・点検プロセスの従来の方法に取って代わり始めています。
この新しいテクノロジー時代には、何年も整理されていない積み重ねられたファイル、しわくちゃになった紙、何年も整理されていないほこりまみれのキャビネットはありません。また、誰に責任があるのかわからない空白の時間もありません。その代わりに、永遠に保存できるデータ、透明性の高い作業環境、疑う余地のない整合性があります。

最近では、より多くの企業が、スマートグラスでサポートされるリモートアシスタンスプラットフォームを利用して、保守点検業務をより技術的で透明性のあるものにすることを目指しています。従来の方法がスマートグラスに置き換わることで、企業の保守・修理・点検のプロセスがスピードアップし、専門家が作業現場に到着する際の旅費や宿泊費が不要になります。

では、スマートグラスと適切なリモートアシスタンスプラットフォームを統合して企業に導入することで、主に生産活動に加えて点検・保守のプロセスにどのようなメリットがあるのでしょうか。


検査工程でのスマートグラスの活用

スマートグラスは、産業分野の企業で、内部ループを制御や、地域のリモート監査に使用されています。 リモートアシスタンスプラットフォームと統合されたスマートグラスを介して、監査を行う人は、視覚データを文書に変換したり、写真やビデオを撮影したり、音声コマンドを使用してこれらすべてのことをハンズフリーで行うことができます。

専門家は、スマートグラスを使って必要のある全ての手順を実行し、視覚的な指示やビデオにもアクセスできるため、個々のエラーや起こりうるギャップを避けることができます。また、専門家は、サポートされているデバイス上でAR技術を用いて表示されるデジタルグラフィックやビジュアルのおかげで、より良く、より速くデータを分析することができます。
さらに、リモートアシスタンスプラットフォームにより、監査中に指導が必要な場合、他の専門家とリアルタイムで接続することができます。これらのツールは、品質管理を含むすべての監査期間を短縮し、情報が適切に処理され、将来の参照のために記録されることを保証します。



これまで述べてきたように、スマートグラスと統合された遠隔支援プラットフォームを、企業が点検・保守の目的で使用することは、品質、タイミング、生産性、透明性の面で大きな可能性を秘めていることが明らかになりました。
競争力を維持し、新しい技術を採用したい企業は、すでにいくつかの目的でリモートアシスタンスプラットフォームを使用し始めています。その際に、適切なリモートアシスタンスプラットフォームを選択することは、企業が業務を円滑に進めるために最も重要なことです。VSight Remoteは、これまでで最も機能豊富なリモートアシスタンスプラットフォームとして、企業の業務を規制するために必要な適切なツールを提供します。近い将来、スマートグラスが広く使われるようになると、スマートグラスと統合されたリモートアシスタンスのコンセプトは、ビジネスライフに欠かせないものになると思われます。


従来のコラボレーションの方法を変革し、ビジネスの競争力を維持するために、リモートアシスタンスプラットフォームに投資するの最適なタイミングです。

お問い合わせ VSight製品紹介ページ