ブログ

農業に革命をもたらす拡張現実

世界的な人口増加

様々なサービスへの需要の増加に加えて、食料への需要も増加することは理解できます。このような需要の増加により、農家は生産量を2倍にするという課題に直面しています。この生産量を達成することをより困難にしているのは、伝統的な生産方法と時代遅れの技術です。農業における革新的な新技術は、製品需要の増加という課題に対処するための新たな希望としてすでに注目されています。農家が導入を選択しているこれらの最新技術の一つが拡張現実(AR)です。農家は現在、現場の管理・他の農家のトレーニング・機械の評価などにこの技術の力を活用しています。
私たちがよく知っているように、さまざまな業界でARの導入が始まったのは何年も前のことで、多くの課題が解消され、多くの作業プロセスが容易になりました。この技術の農業への応用はすでに初期段階にありますが、農業生産プロセスに革命を起こす可能性があるという点で非常に有望な性質を示しています。ここでは、この技術を使って農家が生産工程で最大の収量を達成したり、生産現場をリアルタイムに把握したりする方法を紹介します。


圃場を視覚的に監視

農業は単純な作業で、複雑な状況はあまりないと思っている人が多いかもしれません。実際には、様々な製品を最終的に生産するまでには多くの複雑なプロセスを経なければなりません。その中でも特に重要なのは、生産プロセスをスタートさせるための土壌の肥沃度のコントロールです。農業分野におけるAR技術は、害虫の駆除や検出に関連する分野で重要な役割を果たしており、すでに農家を支援しています。現在、さまざまなARアプリケーションのおかげで、農家は農場全体をリアルタイムで視覚化し、虫の存在や虫害を検知することができます。


新規就農者の育成

どのような産業においても、新入社員の入社プロセスや未経験者のトレーニングが非常に重要であることはよく知られています。農業においても、この2つのプロセスがプロセス全体の円滑な運営に重要な役割を果たしています。AR技術を使ったトレーニングのおかげで、農家は若い農家に革新的でより安全な形のトレーニングを提供できるようになりました。AR技術を使ったトレーニングでは、若い農家の人たちに農業機械を仮想的に紹介することで、起こりうる事故の知識を得ることができ、危険な状況を回避することができます。この技術のおかげで、遠隔コラボレーションがより簡単に実現できるようになりました。何千キロも離れた場所にいる若い農家と専門家がつながり、お互いの指示を共有することで、起こりうる問題の解決が大幅に促進されます。このようなARとの連携には特別な道具は必要なく、誰もがアクセスできるスマートフォンがあればよいのです。VSight Remoteは若い農業従事者のバーチャルトレーニングを説明する良い例です。このアプリケーションが実現したルームでは、高度なツールを使ったARトレーニングを行うことができ、伝達された情報をより簡単に感じることができます。このように、遠隔地でのコラボレーションにより農家は機械や収穫物、家畜などの情報を最も簡単に共有することができます。


共同作業と修理を容易にする

前述したように、農業は植え付けや収穫などの様々な工程で様々な機械の使用が避けられない分野であり、しばしば様々な問題が発生します。これらの機械が破損すると生産工程に支障をきたしますが、ここでまたARが役に立ちます。この技術により農家は専門家からリアルタイムで指示を受けることができるだけでなく、3Dモデルを使って技術者がいなくても自分で修理を行うことができるという、最も革新的な形で指示を受けることができます。これにより技術者に支払う追加費用を節約できるだけでなく、生産工程を通常通りに継続することが可能になります。


要約すると、この技術の農業への応用には課題があり、その1つが大規模な土地を持つ農家がARのコストが高いと誤解していることです。しかし実際には、これは間違った考えです。なぜならば、ROI計算を行えばこの技術の採用によって多額の余分なコストを削減できると同時に、農家に市場での競争力を提供することで多くのプロセスを容易にすることができると証明できるからです。農業はその重要性が消費者に直結していることから、経済の要となっています。そのため、農業の発展や所定の収穫量の達成を妨げるような課題は排除しなければなりません。多くの人は懐疑的かもしれませんが、AR技術はすでにこの分野での統合の第一歩を踏み出しており、多くのメリットを提供しており将来的にも非常に有望です。


お問い合わせ VSight製品紹介ページ