ブログ

通信業界におけるリモートサポートプラットフォームの活用

通信産業は地球規模でのコミュニケーションを可能にする重要な産業です。この業界は全世界の通信ネットワークを維持しており、短期間であっても継続性が不可欠な最も重要な業界です。しかし通信業界の企業における継続性の確保は非常に複雑で、幅広い業務プロセスを含んでいます。これらの企業では、基準に沿ってスムーズに動作する必要がある部門が数多くあります。緊急時には、メンテナンス・トレーニング・検査・監査などの理由に関わらず、通信事業におけるダウンタイムは深刻な結果をもたらします。このような業務上のあらゆる問題に即座に介入することを可能にするために、通信業界各社は近年、スマートグラスと統合したARベースの遠隔サポート・アシスタンスプラットフォームを利用し始めています。


スマートグラスと連携したARベースの遠隔サポート・アシスタンスプラットフォームは知識共有プラットフォームのように機能し、専門家が現場作業員をリアルタイムに遠隔で視覚的に指導したりコラボレーションしたりすることができます。これらの遠隔コラボレーションは、保守・修理・検査・トレーニングなどを目的としており、専門家が作業現場に到着するまでの宿泊費や旅費が不要になることで、作業プロセスを短縮し利益率を高めることを目指しています。このように、複雑な業務処理を大幅に効率化するプラットフォームの利用は近年、グローバルなビジネスシーンで活発化しています。通信業界の企業もさまざまな分野の企業と同様にこれらのプラットフォームを利用し始め、大きなメリットを得ています。


ここでは、スマートグラスに統合されたAR対応の遠隔支援プラットフォームを通信業界の企業がどのように利用し、どのようなメリットを得ているのかを詳しく見ていきます。


前述したように、通信業界の企業では業務プロセスが多岐にわたっています。これらの企業には離れた場所にある複数の部署が含まれていますが、完璧に連携して作業する必要があります。しかし専門家が現地に出向くには、戦争や渡航制限などの理由で費用がかかり、場合によっては不可能なこともあります。企業にとって専門家が現場に出向くことは、時間的・人的・金銭的な損失を同時に意味します。


企業の業務プロセスでダウンタイムが発生すると、連鎖的に多くの問題が同時に発生します。完成すべき仕事が間に合わない・開始すべき仕事に遅れが生じる、その地域の現場作業者が仕事をできなくなり、労働力を有効に活用できなくなる。オペレーションのダウンタイムは日々のワークフロー全体に影響を与えます。問題を定義してから解決するまでの時間は社内の混乱として会社に戻ってきます。このような状況から、企業におけるダウンタイムは1分あたり最大2万ユーロの損失をもたらすと判断されています。これは通信業界に限った話ではありませんが、通信業界でも大きな損失率が発生する可能性があると言っても過言ではありません。


リモートサポート・アシスタンスプラットフォームは、通信業界の企業が異なる地域でのオペレーションを、リアルタイムに・遠隔地から・瞬時にコントロールすることを可能にします。これらのプラットフォームを利用することで、現場作業員と専門家が同じ目的のために作業し、隣り合わせになることなく協力し合うことができます。これらのプラットフォームを利用する企業は、世界中の質の高い専門家にアクセスし、迅速かつ効果的なトレーニングを受けた有能なフィールドワーカーを持つことができます。また、スマートグラスとの連携によりハンズフリーでのコラボレーションが可能となり、現場作業者の通常のパフォーマンスに影響を与えることなく、作業の安全性を確保することができます。リモートアシスタンスプラットフォームを利用するもう一つのメリットは、録画機能です。録画機能のおかげで、将来の参考のためにセッションを記録することができます。これらの記録は企業が将来的に保守・点検・トレーニング・監査などの目的で使用することができます。録画機能により業務内容が適切に記録され、より組織的で効率的な作業環境が実現します。


通信会社のダウンタイムは、ダウンタイムが発生した会社だけでなくさまざまな分野の企業を含む社会の他のセグメントにも影響を与えることがほとんどです。通信会社にとってARに対応した遠隔支援プラットフォームを利用することは、業務の成功率を高め、ダウンタイムを減らすことを意味します。これらのプラットフォームを使用する通信会社は、性能上の問題の検出と修正・機器の検査・電気的故障の防止を容易に行うことができます。また、正しい情報に基づいて作業を行うことで作業者のミスを防ぎ、作業工程を最小限に抑えることができます。これらにより安全で生産性の高い職場環境を実現し、業務プロセスを改善することで、企業は時間を有効に使い収益性を高めることができます。


通信業界のように常に新しい投資を行って成長している企業にとっては、整理された効率的な職場環境がすべてを意味します。そのため新たな投資を行いながらも、予算や貯蓄を正しく管理することで事業の継続性を確保し、業務の成功率を高めることができます。このような企業にとって、ARでサポートされるリモートアシスタンスプラットフォームへの投資は、企業が業務上の問題解決に費やすお金に比べて非常に低いものです。これは通信業界の企業がこれらのプラットフォームのサポートを受ける傾向にある理由の一つです。比較的小さな投資で大きな利益を得ることができるのです。


リモートサポート・アシスタンス分野のリーディングプラットフォームであるVSight Remoteを利用する企業は、産業界に最大限の利益をもたらすように設計されたソフトウェアにより、遠隔地で即座に業務を完了することができます。VSight Remoteでは目的別のルームを作り、そのルームに特定のユーザーを割り当てることができます。これにより通信業界のように多くの従業員を抱える企業では、効率的な作業環境を構築することができます。関連する作業は関連する部屋で完結するため、混乱が生じません。セッション中、現場作業員や専門家はライブビデオやリアルタイムオーディオ、ドキュメントや画像、さらには3Dモデルや3Dアノテーションを追加してコラボレーションを行うことができます。翻訳機能は100以上の言語に対応しており、国境を越えた作業が可能です。世界中の専門家やフィールドワーカーが、簡単に、そしてリモートで共同作業を行うことができます。


これまで述べてきたことを考えると、通信業界の企業にとってこのような魅力的なリターンを持つプラットフォームに投資することは良いステップだと思います。小さな投資から大きな利益を得ることができます。ARに対応したリモートアシスタンスプラットフォームを使用する企業は、ヒューマンエラー・ダウンタイム・コストを削減するとともに、生産性・安全性・操作スピードを向上させ、事業継続性を確保することができます。


お問い合わせ VSight製品紹介ページ