ブログ

医療分野に革命を起こすAR技術

AR(Augmented Reality:拡張現実)は、位置情報と視覚的な画像を利用して、ユーザーにリアルタイムのデータ体験を提供する技術として、多くの可能性を秘めています。さまざまな種類の業界でARアプリケーションが使用されています。特に医療分野で驚異的な成長が見られています。医療分野では、遠隔地でのリアルタイム3D医療モデルにARの活躍が期待されています。


AR技術は患者様への治療方針の説明や結果の説明に役立つツールとして活用しています。このアプリケーションで、手術が行われる場所や治療による影響をより簡単に視覚化することで、患者様の理解を得やすくなります。また、ARは解剖学や体の機能について膨大な情報を学ばなければならない医学生の学習にも役立ちます。医療分野の専門家同士の議論にも大いに役立ちます。新規の診療方針を考察する場としてご利用いただけます。特に外科は、解剖学的構造を3次元的に表現するためのツールとしてARを利用しています。


さらに、AR技術は退院後の患者様の教育や指導にも非常に有効です。患者様は自宅にいながらリアルタイムに医療スタッフとコミュニケーションをとることが容易となり、より安心して生活することができ、正確なセルフケアを実施していただけます。


先に述べたように、医療分野におけるARの用途は非常に多く、この技術を使って遠隔支援を行っている病院も数多くあります。ここでは、医療分野を含む業界全体で広く採用されているVSight Remoteの例をご紹介します。 医療分野でのVSight Remoteの活用は、患者様のケアを向上させることができます。VSight Remoteは、医師が患者様を正確に診断し、治療するのに役立ちます。遠隔地からリアルタイムに患者様の状態を確認することで、これまで以上の医療を提供することが可能です。


ある特定の手術において広い見識を持つ外科医が、手術を行う病院から遠く離れた場所にしかいない場合どうなるでしょうか? VSight Remoteは、距離や境界線を無視することで、最も専門性の高い外科医から、あたかも手術を行う医師と同じ手術室にいるかのようにアドバイスを受けることができます。さらに、医師が患者様を診察しているときの映像や音声を記録し、後日、学会での発表や世界中の学生のトレーニングに利用することができます。これにより、学生はより明確に視覚的に内容を把握することが可能になります。


ARは、医療分野の従業員がより効率的に仕事ができるようにするための大きな機会を提供します。このことは、この分野で事業を展開している企業が、この技術を急速に導入していることからも明らかであり、医師や患者様に多くのメリットをもたらしています。

お問い合わせ VSight製品紹介ページ