ブログ

ソーラーシステムのメンテナンスにおけるARリモートアシスタンス

現在、太陽エネルギーは、太陽光発電、太陽熱・冷却、太陽熱集光の3つの方向で利用されています。 太陽エネルギーの分野は、近年非常に大きな成長を遂げており、太陽電池の設置率は日に日に増加しています。 設置場所や競合するエネルギー価格にもよりますが、太陽光発電パネルは、今日の送電網に追加される電力ソリューションの中で、最も費用対効果の高いものです。 しかし、太陽エネルギーの大規模な増加にもかかわらず、ほとんどの場合、予想外の課題が増加しています。


太陽エネルギーが直面している最大の課題は、一年中利用できないこと、資本コストが高いこと、材料が不足していることです。 加えて、ソーラーパネルの設置には専門の作業員が必要です。 さらに、太陽光発電のポンプシステムは、メンテナンスや制御の問題にさらされることが多いのです。 新しい革新的な技術を採用することで防ぐことができる障害はまだたくさんあります。 これらの技術の1つである拡張現実(Augmented Reality)は、多くの分野で急速に普及しています。


拡張現実(Augmented Reality)は、太陽光発電システムの設置やメンテナンスなどの複雑な作業に数多く応用されています。 また、この分野は専門的な労働力を必要とするため、労働力が不足すると設置が遅れたり、適切な時間内に作業を行うことができません。 拡張現実は、遠隔地にいる専門家がリアルタイムでガイダンスを行うだけでなく、現実世界の画像の上に仮想オブジェクトを追加して、ソーラーファームにいる技術者のデバイスに表示することができます。


技術者は仮想世界と対話し、太陽光発電システムが設置されている場所が離れているため、作業環境では直接アクセスできない追加情報を得ることができます。 技術者から得られる情報は、メンテナンス作業のための様々な指示であったり、テキスト、画像、3Dオブジェクトの形をしたデータであったりします。


太陽光発電所は人が住んでいる地域から離れているため、予期せぬ問題が発生した場合には、その地域に行くことは困難です。 このような地域に専門家を派遣することは、プロセスの遅延につながるだけでなく、金銭的なコストにも影響します。 ソーラーシステムのメンテナンスは、生産効率に直接影響するもう一つの課題です。 ヒューマンエラーが発生したり、適切な訓練を受けたスタッフがいなかったりすると、コストに影響します。 現在、拡張現実(Augmented Reality)によって、専門家とソーラーファームの技術者とのコラボレーションは、問題を安全かつ効率的に解決するために必要な情報を即座に提供することで成り立っています。作業環境で直接提供されるこの情報は、危機的な状況では非常に価値があり、スマートグラスに統合されることで、ソーラーファームの技術者はハンズフリーで作業する機会を得ることができます。


拡張現実の特質は、リアルタイムでの遠隔サポートに加えて、現場の作業員が必要とするトレーニング目的にも利用されることです。 この種のトレーニングは、従業員に新たな情報を提供し、将来的に予期せぬタスクや問題に直面したときに、より適格に対応できるようにするものです。 拡張現実を使用することで、技術者のトレーニングは非常に重要なものとなり、企業は高価なトレーニングにかかる何千もの費用を節約することができます。


結論として、拡張現実は最も有望な技術のひとつであり、メンテナンスの効率を高め、必要なコストとヒューマンエラーを削減します。 また、拡張現実は大きな変化を遂げ、太陽エネルギー分野に新たな価値をもたらし、ワークフローをより安全かつ効率的にし、作業員の生産性を向上させています。

お問い合わせ VSight製品紹介ページ