wavefront-banner

トップページ > CAE ソリューション > SINDA/FLUINT > Thermal Desktop

CADベースの熱流体解析統合ツール
Thermal Desktop

AutoCADアドインソフトとして開発され、熱、輻射(オプション)、流れ(オプション)の解析をCAD上で行うためのモジュールです。

概要

Thermal Desktopは、解析ソルバーとして、SINDA/FLUINTを用います。モデリング、物性値やパラメータの設定をCAD上で行い、SINDA/FLUINTを実行し、結果をCAD上で参照できます。

機能

  • 熱伝導/熱容量、熱遮蔽、接触抵抗計算
  • オプションのRadCADを用いて輻射解析
  • オプションのFloCADを用いて流動および熱対流解析
  • CAD、FEM、輻射そして流れを統合化
  • 外部I/Fの装備(FEMモデルへ温度をマッピング、Excelから実行、COMベースAPIの実装)
  • CADやFEMモデルをベースに簡単に熱解析モデルを作成
  • GUI(CAD)による形状変更とモデルのチェック
  • 効果的なポスト機能(アニメーションやグラフ)
  • MLIを含む絶縁機能
  • モデルの操作をCADの機能で実施
  • 温度依存や非等方特性の取扱
  • 多彩なモデル形状と回転部品への対応
  • 抽象ノードや連結要素を任意に設置
  • 形状変更やWhat-Ifシナリオへの対応をよりスピーディに実施可能
  • ヒータ、熱負荷、ノードへのフラックス、構成要素、円錐曲面への対応
  • モデル作成は、CADの機能を利用可能(ブーリアン、回転、レイヤー管理、ドラッグ&ドロップによるモデル編集、光源、ワイヤフレーム、他)
  • SINDA/FLUINTの実行

Thermal Desktopは、オプションでRadCAD(輻射形態係数算出機能)およびFloCAD(熱伝達係数計算機能)を組み込むことができます。

お問合せは まで